サンプルケース|広島市中区での心理カウンセリング|うつ、不登校、パニック障害など

あかつき心理相談研究所

0822215006

お問い合わせ

サンプルケース

不登校

概要 不登校というのは状態を示しただけの言葉です。 学校に行くのが面倒で行っていない場合もあれば、病気で行けない場合もありますし、クラスメートとの人間関係に不安を感じて行けない場合もあります。 最も一般的な不登校のイメージである、友人関係不安の場合についてご説明しますと、不安を感じている状況への対処と不安のコントロールの二側面でのトレーニングを行う場合が多い...
>>続きを読む

非行

概要 非行とは、少年の、社会の決まりなどにそむく行為をさします。 例えば、暴力、いかがわしい場所の出入りをする、万引き、薬物使用、恐喝等があたります。現代ではちょうど思春期にいる12歳以上20歳未満の子どもたちがその対象になります。 リハビリテーショントレーニングや被害者の感情を想像するトレーニング、また自分の行動の影響を考えるトレーニングを行う場合が多いで...
>>続きを読む

感情調節障害

概要 怒りや不安の感情の調節がうまくできない状態をさします。 特徴として本人にとっての主観的「つらさ」とその影響や本人の対処するための行動(暴言、暴力、器物破損など)が生活に支障をきたしている場合があります。 不安に慣れるトレーニング、状況をありのまま受け止めるトレーニングを行う場合が多いです。
>>続きを読む

自閉スぺクトラム症

概要 他者視点を想像できない為、相手との相互的な意思の疎通をはかることが困難です。 また、思考や行動の柔軟性が未熟であり、こだわりが強いという傾向があります。周りの世界に無関心であったり、会話がうまくできなかったり、物事の手順などに決まったやり方があり、融通がきかないなどの症状があります。 コミュニケーショントレーニングを行う場合が多いです。
>>続きを読む

強迫性障害

概要 強迫性障害(Obsessive Compulsive Disorder)とは、強迫観念と強迫行為に大別します。 強迫観念とは、繰り返し、しつこく、頭にこびりつく考えや気持ちで、不安や恐怖といった不快感を呼び起こしてしまいます。これは取り払おうと思ってもなかなか自分の力だけでは取り払えないものです。例えば、“手が汚れている気がする”“鍵をかけただろうか?...
>>続きを読む